市販の水虫薬の口コミと比較サイト_体験談も載せてるよ

薬局などで市販されている水虫薬について調べてみたよ。主成分や効果、どんな症状に効いて、どんな特徴があるのか?販売元のアピールポイントや口コミを比較!また具体的な水虫薬を使って治療した体験談も載せています。

コスパに優れているタムチンキ

f:id:secondhandcar:20170428164750p:plain

タムチンキ

小林製薬から発売されているタムチンキは、パウダーinジェルとパウダースプレーC、そしてパウダースプレーZの3種類があります。水虫の症状に合わせて選べるので、より自分に適した水虫薬を使うことができます。

それぞれの商品で使っている主成分や値段が違うので、使い分けてみて自分に合うタイプを見つけてください。

 

主成分

【ジェルタイプ】・・・オキシコナゾール硝酸塩

【タムチンキパウダースプレーC】・・・クロトリマゾール

【タムチンキパウダースプレーZ】・・・ブテナフィン

 

内容量

【ジェルタイプ】の内容量は15gと約1か月分!

1日1回塗るだけなので、15gでも十分1か月は間に合う量です。また持ち運びにも便利なので、ポシェットに忍び込ませておけば出張や旅行などにも持っていけます。

 

【パウダースプレータイプ】では70gと120gがラインアップされています。

 

希望小売価格

【ジェルタイプ】の希望小売価格は1,200円+税と格安!

だいたい市販の水虫薬は2,000円~2,500円が相場なので、1,200円で購入できるタムチンキは格安と言えます。手軽に水虫を改善したい方や初めて市販の薬を購入する方も試しやすい価格になっています。

 

【タムチンキパウダースプレーC】の希望小売価格は70gで2,300円+税、120gで3,400円+税

 

【タムチンキパウダースプレーZ】の希望小売価格は70gで2,800円+税、120gで3,800円+税

 

主成分や副成分など 

タムチンキには、白癬菌を殺菌するオキシコナゾール硝酸塩、痒みを和らげるリドカイン、清涼感を与えるメントール、炎症を鎮めるグリチルレチン酸が配合されています。

水虫を改善するだけでなく冷感&パウダー成分も含まれているので、ジュクジュクや皮がめくれ悪化している部分をサラサラに乾燥させて良くします。

 

効果

効果は期待できるのか?

「スーッとした冷感が気持ちいい」「あまり期待していなかったけれど水虫が改善されて満足」などの口コミが多く見られます。1,000円台で使用感もよく、効果も十分期待できるので初めて水虫治療する方は特に試しやすいでしょう。

 

2017年現在

 

まとめ

パウダースプレータイプは、スプレーするだけで、ジュクジュク水虫を手を汚すことなくサラサラにしてくれます。足がベトつく不快感を和らげることができて、とても使い心地が良い商品です。

 

ジェルタイプは値段も手ごろなので、最初に試してみるのに適していると思います。

主成分に注目して使い分けてみてください。