市販の水虫薬の口コミと比較サイト_体験談も載せてるよ

薬局などで市販されている水虫薬について調べてみたよ。主成分や効果、どんな症状に効いて、どんな特徴があるのか?販売元のアピールポイントや口コミを比較!また具体的な水虫薬を使って治療した体験談も載せています。

ジュクジュクした水虫にはピロエースZがおすすめ?

f:id:secondhandcar:20170501152143p:plain

ピロエースZ

ピロエースZは第一三共ヘルスケアから発売されている水虫薬で、液タイプと軟膏タイプ、クリームタイプと3つのラインナップから選べます。症状別によって使い分けられるので、多くの人の水虫を改善することができます。

 

液タイプ

f:id:secondhandcar:20170501154004p:plain

(出典:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/info/pyroace/

カサカサ痒い水虫に効く。

 

軟膏タイプ

f:id:secondhandcar:20170501154117p:plain

(出典:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/info/pyroace/

ジュクジュクしみる水虫に効く。

 

クリームタイプ

f:id:secondhandcar:20170501154222p:plain

(出典:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/info/pyroace/

皮がむけてふやけている水虫に効く。

 

主成分

主成分は3つのタイプすべて、ラノコナゾール(ピロエースZ)

(*ピロエースWの主成分はクロトリマゾール)

 

内容量

液タイプ・・・15ml

軟膏タイプ・・・15g

クリームタイプ・・・15g

使いきりサイズの内容量で丁度いい。

だいたい市販の水虫薬は15gであることが多いです。ピロエースZもまた15gか15ml入っているので使いきりサイズで、余すことなく使えます。水虫は治ったのにまだ残っている…というのは意外と困ってしまうので、使いきりサイズは嬉しいですね。

 

希望小売価格

希望小売価格はどのタイプでも2,100円(税抜き)とリーズナブル!

市販の水虫薬で2,100円なら高すぎもせず安すぎもしない平均的な価格です。このお値段なら続けやすいし、なにより2,100円で済むなら病院に行くよりも安く済みます。

 

主成分・副成分など

主成分がシンプル!だからこそ効果あり!?

100g中にラノコナゾールが1.0g、グリチルレチン酸が0.3g、イソプロピルメチルフェノールが0.5g配合されています。他社の商品に比べると非常にシンプルな配合なのが特徴です。

 

効果

効果は感じられる?実際の口コミは?

「効果があった」と満足する口コミが多い中、「痒くない水虫だからか効果が感じられなかった」といった内容もありました。ジュクジュクしてしみる水虫には軟膏タイプが合っているので、症状を見極めて使うとしっかり効果を感じられるでしょう。

 

2017年現在

 

まとめ

ピロエースシリーズにはピロエースZのほかに、ピロエースWがあります。ピロエースWは主成分にクロトリマゾールを使っているので、ピロエースZで効果が実感できない時は、ピロエースWに変えて試してみてください。

 

薬を変えるときは、主成分が異なる薬に変えることが大切です!