市販の水虫薬の口コミと比較サイト_体験談も載せてるよ

薬局などで市販されている水虫薬について調べてみたよ。主成分や効果、どんな症状に効いて、どんな特徴があるのか?販売元のアピールポイントや口コミを比較!また具体的な水虫薬を使って治療した体験談も載せています。

肘にできた謎の湿疹、正体は水虫でした!ラミシールの効果とは?

f:id:secondhandcar:20170621170241j:plain

なかなか治らないばかりか悪化する肘の湿疹で皮膚科に

発端は肘にできた非常に痒みのある湿疹でした。最初は被れたか、虫にさされたかしたのだろうと思い、虫刺されの市販薬を塗っていました。しかし痒みはおさまるばかりかどんどん酷くなり、今度はステロイド入りのムヒアルファを購入して使っていました。それでも悪化していき、なんとなく肘が盛り上がったような状態になってしまいました。
特にお風呂上りがとても痒く、なんだかズキズキと波打つような灼熱感もありました。また体が温まると痒くなるようで夜中に痒みで起きてしまうこともあり、掻きむしって血が出るような有様でした。
湿疹が治らないまま1ヶ月以上過ぎこれはちょっと変かな?と思い、やっと皮膚科を受診しました。
医師は診るだけで「白癬だね」と言いました。
何のことかわからず聞きなおしてみると「体にできる水虫」ということです。
湿疹が円形になっていることが特徴という事で、よくよく見てみると盛り上がりが円を描くようになっていて、中央部だけ治ったような普通の皮膚の色でした。
水虫が体に…、ということに驚き少しショックでしたが、抗真菌剤で治るということだったのでホッとしました。
処方してもらった薬は「ラミシール軟膏」で1日1回お風呂あがりにつければよいというものでした。

 

体にできる水虫はペットから感染する?

ラミシール軟膏の効果はてき面でした。塗ったその日から痒みで夜起きてしまうようなことはなくなり、3日ほどで赤みも消え一週間後には治ったようになっていました。でも医師に1本は必ず使い切るように言われたので、1ヶ月くらいは時々忘れながらも使用していました。
しかしその4ヶ月後くらいにもう水虫のことは忘れた頃に、全く同じ場所に再発してしまいました。今度は湿疹が出来た時点ですぐに皮膚科に行きまた同じ「ラミシール軟膏」をもらいました。
そして医師に、「ペットは飼ってる?」と聞かれました。
猫を飼っていることを伝えると、体部白癬はペットから感染することが多いと言われました。なるほど当時うちには猫が3匹いて庭にも出入りしていたので、菌をもっている可能性はあります。
しかも私はよく畳みに肘をついた姿勢でテレビを見ていることが多かったのです。
猫から移ったのか…、ということがわかり、ただそれだと日常生活に気をつけなければ治ってもまたすぐに出来てしまうことの繰り返しなので、気をつけなければいけないと考えました。それから畳みに肘をつくことはやめて、薬は念のため同じものを2本もらったので塗り続けることで、その後数年症状は出ませんでした。

 

完治はしないけれど上手く付き合っていく

その後、結婚を機に引っ越しをし妊娠中の出来事です。
妊娠中はつわりでとても体調が悪く寝込むことが多くありました。そんなとき、またまた例の肘の痒みを覚えました。もう3年ほど経って完治したとばかり思っていたのに、まだ菌が潜伏していたのか…と驚き、水虫菌の生命力に感服でした。
そのころ「ラミシール軟膏」は薬局でも購入できるようになっていたので、早速購入して使用してすぐに治りました。しかし今後はショックなことにウエストの部分にも飛び火してしまいました。おそらく妊娠中で免疫力が低下していたのでしょう。ラミシールの効果はやはりてき面で、肘もウエストも薬をつければすぐに治りました。今回は薬剤師さんにも相談し、3ヶ月くらい塗り続けることにしました。その後妊娠中は再発することもなく、それ以上は飛び火することもありませんでした。
しかし残念ながら現在も治ったとは言えない状態で、年に1度くらいは再発があり、その都度薬局で薬を買っています。
水虫の薬はたくさんあり、最初はラミシールを使用していましたが、1日1回の使用で効果のあるものは第一種医薬品で、病院で出される薬と同等の効果があるそうです。そのため現在はラミシールに限らず「ダマリングランデ」など第一種医薬品のものを購入して、液体・クリームなど使い分けています。
長い付き合いになるのはしんどいものですが、上手く付き合いながら悪化しないようにしていきたいと持っています。