市販の水虫薬の口コミと比較サイト_体験談も載せてるよ

薬局などで市販されている水虫薬について調べてみたよ。主成分や効果、どんな症状に効いて、どんな特徴があるのか?販売元のアピールポイントや口コミを比較!また具体的な水虫薬を使って治療した体験談も載せています。

新生薬品社が扱う「ネクストLXクリーム」について

f:id:secondhandcar:20170511172808j:plain

私が水虫になり、これまでに至る経緯について

実際には私自身が水虫に罹患をし始めたのは、高校卒業後に親族からの強い勧めで入隊をした、陸上自衛隊時代に、戦闘用の半長靴を長時間あるいは長期間、履く事が多い現状に間違いなくありました。元々私自身もそれ程は体の皮膚自体が強くは無いほうでしたので、長く半長靴などのような丈夫な革靴類を履いていると蒸れて、そのせいで足首から下の部分の足頭部全体が痛み、そのうえで駆け足や早く動いたりするような動作なども多かったので、本当にそうした自衛隊時代の生活状況や仕様などにしか、原因が見当たりません。

確かにはるか20年以上もの前の記憶をたどりながら、今回の記事を書いているような状態ですので、事実とのズレなどもあるかもしれません。しかしそれでも、現在も爪水虫としての症状がそのまま残っているような状況でもありますので、これ自体が、陸上自衛隊といった過酷な土と汗にまみれた不衛生な環境下での生活仕様そのものに間違いなく物語っていますので、ようやく経済的あるいは社会的自立をした現在において、これを完治するべく、現在使用している塗り薬の使用継続はもちろんの事、今度は飲み薬などでの治療などをも試みようとしている考えもあります。

 

現在の爪水虫が深刻である事態という現状

そして私は高校卒業後に入隊をした自衛隊を2年で満期退職をして、部隊があった大分県から故郷である鹿児島県へ戻り、会社勤めや役場などの臨時職員、レンタルビデオ店の店員など様々な仕事に従事をしましたが、それでも一度罹った水虫の悩みは、解決できませんでした。

長時間にも亘る残業を含めた自由の無い工場内での過酷な労働法規定を無視した労働環境、急に他のシフトの人員が休み、仕方なくその日の出勤をせがまれて入店をして店舗内での長時間勤務に従事をせざるを得ない店舗内業務、ノルマを課されてその日の営業での業績を上げようとするあまり、どうしても契約までに至らない教材販売の営業、等々、本当に今まで多くの雇用契約での被用者である労働者としての形で、仕事に従事してきましたが、中々自分の時間の確保が出来ず、水虫の治療とかも本格的に出来ないような状態が日常化していました。

そうした中、私が新聞配達の仕事をし始めて約3年目の2006年の6月あたりに、現在使用している新生薬品社が扱っている「ネクストLXクリーム」との出会いがありました。法律上の第2類医薬品に指定をされており、1日1回という塗る回数が指定をされているほどの効き目がある水虫用の塗り薬です。現在も使用し続けていますが、これのおかげで表面的な水虫は完治をしています。

 

「ネクストLXクリーム」は決して完全な水虫治療薬ではない

ただし、ネクストLXクリームには、最大の弱点がある事がわかりました。それは、爪水虫などの場合には、爪の中にいる菌類までは退治をする事が出来ない欠点があるとわかったからです。そして2014年の11月下旬に、私は現在の事業を自分で立ち上げましたが、インターネット環境を駆使する仕事内容でもありますので、爪水虫の治療に関しての検索をすると、なんと、体の内部からの治療、つまり、飲み薬による治療方法しか無いという事がわかりました。

これは去年の12月辺りの事でした。この時点で、今まで約10年近く使用していたネクストLXクリームが、決して完全な水虫治療薬ではないといった実感を理解をし、現在その治療のための薬や専門医院などを探したりしている現状です。事実、飲み薬としては、久光製薬が扱うブテナロック、専門医院とかで処方をされるラシミールなど、その他幾つかの錠剤タイプの内服薬のものが存在したりしています。効用などは実際に服用とかをしたりしてみないとわかりませんので、実際に体感をしてみたうえで、本格的に現在のLXクリームとの併用をしながら、それらの飲み薬に関しての効用のあり方を確かめてみようというのが、現在の私の考えです。