市販の水虫薬の口コミと比較サイト_体験談も載せてるよ

薬局などで市販されている水虫薬について調べてみたよ。主成分や効果、どんな症状に効いて、どんな特徴があるのか?販売元のアピールポイントや口コミを比較!また具体的な水虫薬を使って治療した体験談も載せています。

水虫になったきっかけは、出産後の安静時期

f:id:secondhandcar:20170707172213p:plain

元々水虫になりやすい体質だった私

私は以前看護師の仕事をしていた時に、水虫になった経験があります。そのため自分は水虫になりやすい体質なのかなと漠然と考えていました。
そして私が妊娠をした時、妊娠がきっかけで肌が大きく変化しました。元々乾燥気味ではありましたが、その皮膚の乾燥が更にひどくなり、かゆみが我慢できないのです。また皮膚全体が薄くなり、傷つきやすくなりました。その引っ掻いた傷もなかなか治るまでに時間がかかるという経緯があり、私は妊娠中皮膚のトラブルを起こしやすいんだなと実感したほどです。
そんな私は一人目を出産するときに、前期破水で入院をしました。陣痛が来るのを待ちましたが、微弱陣痛で有効な陣痛が来ません。そのため急遽帝王切開になったのです。それが水虫を再発させるきっかけにもなりました。
帝王切開後の安静の時間というのは、病院によって決まっているのですが、私の病院の場合は、帝王切開の日とその次の日もベット上で安静を強いられました。排尿の管もあるので、ベットから降りることができない状態でした。またお腹の傷が痛くて、起きるどころではなかったのですが。そして手術から2日たって初めて私は動けるようになったのです。それまではほぼベットの上で動かずに過ごしました。

 

術後の曲者は弾力ストッキングだった?

手術をして動けない状態であったのは仕方がないこと。しかし今考えると、水虫が再発した原因は、その安静期間が長かったことだけではないと思っています。
もう一つ理由があったのです。それが弾力ストッキングの存在です。帝王切開などの手術のあと、安静にしていなければいけない時間というのがありますが、その間に循環などが悪くなると、エコノミー症候群などになる可能性があるので、その予防のために足に弾力ストッキングを着用するのです。このストッキングを着用することで、足に圧を与え血流を良くしてくれるのですね。
このストッキングは足先から膝まであるもの。また通常のストッキングに比べてとても厚手なのです。蒸れないように足先を出せるよう指を出せる穴もあるのですが、帝王切開でお腹が痛いし、自由にうごくことが出来なかったので、自分で足の蒸れを改善することができませんでした。
その弾力ストッキングは、動けるようになってからも今度はむくみ予防のためなどに着用していたので、約1週間くらい使っていたでしょうか。足の指は締め付けられ密着していたし、なかなか指の間を開放して蒸れを除去することが出来ず、水虫の再発しやすい状態にあったと思います。

 

お風呂に入れなかった時期があるのも水虫再発の原因だった

帝王切開の後のシャワー開始の時期も病院によって全く基準が違います。私が帝王切開をした病院では、抜糸が済んでからシャワー開始という決まりがあったので、私は約10日間シャワーを浴びることが出来なかったのです。その期間、濡れたタオルで体を拭いたり、足を拭いたりする機会はありましたが、シャワーなどに比べると十分ではなかったと思います。そして気が付いたときには、指の間の皮がべろーっと抜けたのですね。それほどジクジク感がなかったのに、指の間の皮がむけた時には驚きました。
そして産科に入院中に水虫の薬を出してもらったのですね。そこでもラミシールでした。清潔にした後に薬を塗り続けること約3ヶ月くらいで、ジクジク感はなくなり表面上は綺麗になりました。
ラミシールを塗っているときは、なるべく赤ちゃんに水虫菌をつけたくないという気持ちで、床や畳の掃除を念入りにしたり、手洗いに気をつけたり少し神経質なくらい気を付けていました。
再発をしたのは仕方がないと思いましたが、早くに治療をすることが出来たし、改善することが出来たのはよかったと思います。
また帝王切開のあと、弾力ストッキングなどは気を付けるべきものだなと強く感じました。