市販の水虫薬の口コミと比較サイト_体験談も載せてるよ

薬局などで市販されている水虫薬について調べてみたよ。主成分や効果、どんな症状に効いて、どんな特徴があるのか?販売元のアピールポイントや口コミを比較!また具体的な水虫薬を使って治療した体験談も載せています。

私が体験した足の指間の亀裂を伴う水虫治療について

f:id:secondhandcar:20170711153000p:plain

水虫の症状の分類と現れかたについて

一般的に水虫は白癬菌と呼ばれる菌が住み着いた状態と言われていて、水虫の症状としては趾間型、小水疱型及び角質増殖型に分類されています。趾間型は湿潤型と乾燥型があり足の指の間に浸軟、皮膚の表面から剥がれかける鱗屑やただれや亀裂を伴うことがあります。小水疱型は足の底から側縁にかけて米粒大の水疱や膿疱を伴う紅斑性局面を示し痒みを伴います。更に角質増殖型はかかとを中心に足の底全体で肥厚・角化・細かく皮膚がむける落屑を特徴であると言われています。
私の場合は足の指の間に水虫が出来て亀裂もありますので趾間型だと思います。私の場合水虫が発生する場所は大体限られていていつも足の指の間です。私の場合何処で感染したのか全く気づきませんでした。以前から靴下も必ず履いていましたし、毎日交換していました。

私の水虫は感染しても痒みは起こらず直ぐにはわかりませんが、入浴中に湯船につかっていたりお湯がかかったりするとびりびりっと激痛が走ります。その時になって初めて水虫が出来たとわかります。よく見ますと足の間が5mm位の長さで裂けて赤くなっています。足の指の間一か所が裂けていて隣の指は赤い線のような跡がついて亀裂が起きそうになっていることがあります。水虫の裂け目が大きくなると歩行が困難とまではいきませんが、歩く時に足に体重がかかると痛みを感じるようになります。そのようになる前に治療を始めませんと更に悪化してしまい大変です。

 

私が体験した水虫の亀裂治療について

最初は症状を見てもこれが水虫だとは思いませんでしたが、妻に水虫だと言われて初めて認識した次第です。直ぐに皮膚科へ行って治療することも考えましたが、その時は仕事が忙しくて病院へ行く時間が取れなかったこともあって市販薬で治療をすることにしました。

まず、近くの薬局で薬を探しましたが水虫の薬は結構たくさんあって、自分の症状にどの薬が良いのかなかなかわかりませんでした。仕方なく店にいた薬剤師の方に私の水虫の症状を説明し相談しました。そこで薬剤師の方からロート製薬株式会社のエクシブクリームを紹介されましたので早速購入しました。

家に帰ってから薬の使用方法を見てみました。薬の使い方はいたって簡単でお風呂で患部をよく洗ってきれいにして、風呂上りにエクシブクリームを綿棒に少量着けてから患部に塗ります。水虫で裂けている部分は薬を付けるとしみて非常に痛いですが、ここは我慢するしかありません。エクシブクリームの塗布を2~3日続けて行いますと大体は治ります。このエクシブクリームという水虫治療薬の効果は絶大で私の症状にぴったり合うと思いました。ただ近所にあるというだけで行ったお店ですが、そのお店の薬剤師の方には良い薬を紹介して貰ったと感謝しています。

 

私が感染した水虫の再発防止について

エクシブクリームの塗布を続けて2~3日で亀裂がふさがり痛みは無くなっていましたので気持ちが緩んでいきました。水虫の白癬菌を完全に退治するには最低一ヵ月は塗布を続けるように言われていますが、喉元過ぎれば熱さを忘れるで痛みがなくなりますと頭から治療の事等すっかり忘れてしまい持続できませんでした。

従いまして、私の水虫は完治したとは言い切れませんが、いったん亀裂が治りますとしばらくは症状が出ずに落ち着きます。更に水虫の再発を防ぐ為に、毎日の入浴時に足の指の間を一本一本丁寧に洗っています。それでも年に1~2回は同じ症状の水虫が発症します。

今振り返ってみますと時々足の裏の皮膚が剥けることがありました。これも趾間型の水虫の一種類であるとすると、完全に菌を殺すことが出来ずに菌が何処かに潜伏しているのでしょうか。毎回同じ症状の水虫が発症数すると言う事は完全に菌を退治できていないことでしょう。いまは足の裏の皮膚も剥けていませんので安心していますが、また水虫が発症した時は今度こそエクシブクリームの塗布を面倒でも一ヵ月は持続させて完治させたいと思います。水虫は治る病気と言われていますが治療には根気が必要であると実感しています。