市販の水虫薬の口コミと比較サイト_体験談も載せてるよ

薬局などで市販されている水虫薬について調べてみたよ。主成分や効果、どんな症状に効いて、どんな特徴があるのか?販売元のアピールポイントや口コミを比較!また具体的な水虫薬を使って治療した体験談も載せています。

水虫の治療はかならず病院で診てもらうことが必要

f:id:secondhandcar:20170711153752p:plain

足指のあいだがかゆくても最初は水虫とは思わず

左足の親指と人差し指のあいだが痒くて、赤くなっていました。
よく見ると、皮膚がかさかさで、剥がれる感じもありました。かさかさの部分はちょっと白っぽくもあり、数日違和感が続きました。
最初は水虫だとは思わなくて、単に何かにかぶれたとか、不衛生で軽い炎症かなと思いました。
それで自己判断で、適当に軟膏を塗りました。リンデロンVGという軟膏です。
妻が皮膚の荒れ、かゆみに使っていた薬です。
それで治るだろうと思いこんで塗ってみたら、翌日さらに症状がひどくなりました。
薬を塗って、ひどくなるということは、薬が全然合ってなくて、逆に反応したということで、どうなっているのか、判断できなくなりました。
それで、皮膚科のある病院に行きました。
専門の医師に診てもらうと、水虫だと言われました。
使った軟膏の話をすると、それは水虫には逆に作用するから絶対に使ってはいけない薬です、と言われました。
軟膏というのは、虫さされ等には有効だけど、水虫はカビなどの菌類だから、治療の仕方が全然違うのだということです。
なんでも自分勝手に判断してはいけないと、反省しました。
まだ、水虫の初期の段階だから、数日薬を塗って、塗った患部をガーゼで巻いて、他と接触しないようにさらに上から包帯を巻いて、という処置をしてもらいました。

 

どこで感染したのか、よくわからないけれど

処方してもらった薬は、ニゾラールという塗り薬です。だいたい数日で痒みはなくなり、一週間もすれば治りました。

しかし、どこで水虫にかかったのか、全然わかりません。家族で水虫の人はいません。
他で移るとしたらと、いくら考えてもよくわからなかったのですが、妻が思い出しました。ひと月ほど前に、家族で旅行をしました。そのとき、大浴場に行きました。そこで、移ったのではないかと妻は言いました。
それぐらいしか、素足になる機会がなかったので、たぶんそうだろうと思えました。
確信はありません。確信があれば、今後の対応もしやすいのですが、曖昧です。
でも、人が大勢利用する場所での素足は、危険だと思いました。
しかし、たとえば、家族はみな、温泉が大好きです。なので、季節ごとに温泉旅行をします。
その好きな温泉に行くたびに、水虫にかかるかもしれないということを考えないといけないのは、煩わしいです。
しかし、一度かかってしまったので、注意するしかなくて、面倒なものです。そのことを、ほぼ治りかけの再診時に皮膚科の医師にも言いました。
同じ場所で、みんなが感染するわけでもなくて、気を付けながらも、もしもかかっても治せますから、そんなに心配しなくていいですと言われました。

 

その後、一度だけ再発しましたが、治りました

はじめて水虫にかかったのが、今から五年ほど前です。その後、2年後だったか、再発しました。
再発ではなくて、あらたにどこかで移ったのかもしれませんが、二度目もどこで感染したのか、曖昧で、確信はもてず、わかりません。
症状が初回と似ていたので、また、患部も足の指の間で、すぐに水虫を疑いました。同じ皮膚科の病院に行きたいと思いましたが、転勤で引っ越しをしていました。そこは田舎で、病院まで遠かったので、面倒に感じました。そこで、市販の水虫の治療薬を買ってみました。ポリカインという塗り薬です。
皮膚科で処方してもらったニゾラールが欲しかったのですが、ドラッグストアでは販売していないと言われました。
病院に行って、処方してもらわないと手に入らない薬だと言われました。
ニゾラールに比べて、ポリカインは有効成分が半分ぐらいの薬です。要するに、効き目が半減というか、強くないということです。
それでも、水虫の治療薬として市販されているわけだから、それなりに効くだろうと思い、数日使用しました。
効いたかなと思っても、翌日にまた痒みが出ました。また塗って、おさまって、また痒くなって、と完治しませんでした。
それで仕方なく、やっぱり病院に行きました。
そしてしっかりと完治しました。